Oracle JDK License has changed for releases starting April 16, 2019

2019年4月16日(US時間)、Oracleは四半期ごとのCPU (Critical Patch Update) をリリースしました。この一環でJDKのアップデートもリリースされていますが、このタイミングでOracle JDKのライセンスに変更が入っています。

これまで、以下のような情報が流布されていました。

  • Java 8
    • 2019年1月でPublic Update終了
  • Java 11 (LTS)
    • Java 12が2019年3月にリリースされたため、以後はサポート契約者にのみアップデートを提供

ただ、Oracle Java SE Releases FAQというエントリには次のような記載があり、何らかのライセンス変更があることをほのめかす表現がありました。

The following update of Java 8, scheduled for April 16, 2019 (8u211 and the related 8u212 Patch Set Update), will be made available under a new license which will be free for personal individual desktop use, and free for development, testing, prototyping and demonstration purposes.
(2019年4月16日に予定されている、次回のJava 8のアップデート(8u211および関連するPatch Set Updateの8u212)は新たなライセンスの下で利用可能になります。このライセンスは個人のデスクトップ利用、開発やテスト、プロトタイピングやデモ目的では無料になる予定です。)

そして上記の表現通り、2019年4月16日にOracle Technology Network License Agreement for Oracle Java SEが変更され、この新しいライセンスの条件下で、Oracle JDK 12.0.1のみならず、11.0.3、8u211/212をダウンロード、利用できるようになりました。そのかわり、通常のOTNからのソフトウェアダウンロードの場合と同様、Oracleアカウントによるサインインが必要になっています。ライセンスの詳細は以下のリンクをご覧ください。

Oracle Technology Network License Agreement for Oracle Java SE
https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/terms/license/javase-license.html

OTNのJDKダウンロードページにある記載を引用します(リンクはJDK 11のダウンロードページですが、JDK 8でも同様の記述があります)。

The new Oracle Technology Network License Agreement for Oracle Java SE is substantially different from prior Oracle JDK licenses. The new license permits certain uses, such as personal use and development use, at no cost — but other uses authorized under prior Oracle JDK licenses may no longer be available. Please review the terms carefully before downloading and using this product. An FAQ is available here.

Commercial license and support is available with a low cost Java SE Subscription.

Oracle also provides the latest OpenJDK release under the open source GPL License atjdk.java.net.

この内容を見る限り、

  • 特定の利用条件(例えば個人利用、開発用途など)では無償利用可能
  • (以前のOracle JDKライセンスでは認められていた用途であったとしても)その他の用途での利用はできない

とのことです。Oracle Java SE Licensing FAQにも以下のような記載が追加されています。

Where can I get the latest releases of Java SE at no cost on or after April 16, 2019?
Oracle provides the latest Java releases, made available in March and September each year, including quarterly performance, stability and security updates (in January, April, July and October) under an open source license at jdk.java.net. Also, Oracle provides updates; including Java 8, Java 11, and Java 12 of Oracle Java SE under the OTN License Agreement for Java SE at OTN.

(注)このcertain usesについて、以下で補足しています。

Oracle Technology Network License Agreement for Oracle Java SEのCertain Useとは
https://logico-jp.io/2019/04/25/what-is-a-certain-use-in-oracle-technology-network-license-agreement-for-oracle-java-se/

注意:OracleビルドのOpenJDKバイナリ

上記のライセンス (Oracle Technology Network License Agreement for Oracle Java SE) はOracle JDKにのみ適用されるもので、OracleビルドのOpenJDKバイナリはこれまで通りGPL+CPEv2です。また、OracleビルドのOpenJDKバイナリの11.0.3はリリースされていませんのでご注意ください。

Oracle JDK License has changed for releases starting April 16, 2019” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中