AKSインスタンス作成時に生成されるリソースグループ

このエントリは2020/01/15現在の情報に基づいています。将来の機能追加・変更に伴って、記載内容との乖離が発生する可能性があります。

以下は備忘録。全ては以下のドキュメントに記載がある。

Azure Kubernetes Service (AKS) についてよく寄せられる質問
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/aks/faq
Frequently asked questions about Azure Kubernetes Service (AKS)
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/aks/faq

AKS (Azure Kubernetes Service) インスタンスを作成する際、(B) のノードリソースグループが自動作成される。

リソースグループ命名
(A) Kubernetes サービスのリソースのみを含むリソースグループユーザーの自由指定
(B) ノードリソースグループ
(クラスターに関連付けられたインフラストラクチャリソースを全て含むリソースグループ)
デフォルトでは以下のルールに従う
MC_{(A)のリソースグループ名}_{AKSクラスタ名}_{リージョン}

(B) はデフォルトで生成される名称を使ってもよいが、独自名称を指定することもできる。そのためには、Azure CLIのaks-previewというextensionをインストールする必要がある(0.3.2以上である必要がある)。

az extension add --name aks-preview

AKSインスタンス作成時に、 –node-resource-group パラメータを使用してリソースグループの名前を指定する。

aks create (aks-previewインストール時に利用できるパラメータ)
https://docs.microsoft.com/en-us/cli/azure/ext/aks-preview/aks?view=azure-cli-latest#ext-aks-preview-az-aks-create

ARMテンプレートを使って作成する場合は、nodeResourceGroupプロパティで指定する。

Microsoft.ContainerService managedClusters template reference (2019-06-01以後のバージョンで利用可能)
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/templates/microsoft.containerservice/2019-06-01/managedclusters#managedclusterproperties-object

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中