The New Helidon CLI

原文はこちら。
The article was written by Santiago Pericas-Geertsen (Engineer, Oracle).
https://medium.com/helidon/the-new-helidon-cli-cd90bc4a0d1a

Helidon 2.0の新機能の一つにCLIの追加があります。Helidon CLIを使うと開発者は最小限の労力でHelidonを始めることができます。新規アプリケーションの作成、ビルド、実行など、シンプルなコマンドを書くことで可能です。

特に、いわゆるdevelopment-loopもしくは省略してdevloopを利用できます。これはアプリケーションのビルド、実行、ソースファイルの監視、アップデートの都度のアプリケーションの再始動をすることで、開発者は完全にインタラクティブな方法でHelidonを学ぶことができます。

CLIはインストールの利便性を考慮して、スタンドアロンの実行ファイルとして配布されます(GraalVMでコンパイルされています)。現時点ではLinuxmacOSで利用できます。バイナリをダウンロードし、PATHの通った場所にインストールすればすぐに利用できます。

Let’s Take a Closer Look

CLIがどのように動作するかをくどくど説明せずに、スクリーンキャストを使ってCLIの機能を紹介します。

最初の動画では、Helidonのarchetypeの一つからプロジェクトの作成、プロジェクトのビルド、テストをご紹介しています。

Helidon CLI init command

生成されたプロジェクトを使い、devloopを開始してアプリケーションへの変更をテストできます。以下のスクリーンキャストでその動きをご覧ください。

Helidon CLI live restart

devloopの実行中に、Javaソースコードやリソースファイル、pomファイルのようなアプリケーションソースファイルへの任意の変更があれば、自動的にアプリケーションを再起動し、その変更が開発者にすぐにわかるようになります。とても簡単です。

What’s Next?

CLIの主要な目的は、Helidonを使い始めた人が、archetypesの一つを選択してアプリケーションを作成し、大規模なダウンロードを必要とせずに数秒以内に実行できるようにすることです。CLIのバイナリは数メガバイトしかありません。

現在のバージョンでは、Mavenのみをサポートしていますが、Gradleもロードマップ上にありますので、ご期待ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中