Updated Azure Cache for Redis

このエントリは2020/12/27現在の情報に基づいています。将来の機能追加や変更に伴い、記載内容との乖離が発生する可能性があります。

2020年11月、Azure Cache for RedisでRedis Enterpriseがプレビューで利用できるようになった。以下は備忘録。

Announcing Public Preview of Redis Enterprise on Azure Cache
https://redislabs.com/blog/announcing-public-preview-of-redis-enterprise-on-azure-cache/
Meeting developer needs with powerful new features in Azure Cache for Redis
https://azure.microsoft.com/blog/meeting-developer-needs-with-powerful-new-features-in-azure-cache-for-redis/

同時に、Redis 6.0もプレビューで利用できるようになっている。

Redis 6.0 is now in preview for Azure Cache for Redis
https://azure.microsoft.com/updates/redis-60-is-now-in-preview-for-azure-cache-for-redis/

レベル / Pricing Tier

EnterpriseとEnterprise Flashの違いは以下の通り。簡単に言うと、Flashではデータが不揮発ストレージ(Flashストレージ)にも保存される、ということ。

レベルデータ格納先
Enterpriseデータは仮想マシンの揮発性メモリ (DRAM) に格納
Enterprise Flashデータは揮発性メモリと不揮発ストレージ (NVMe または SSD) の両方に格納

各レベルの機能比較は以下に詳細がある。記載の通り、Redis Labsが販売しているRedis Enterpriseの機能が使えるようになっている。ただし、Enterprise FlashはEnterpriseと付いているものの、Redisモジュールが使えない。そのため、Premiumよりも大きな容量のキャッシュを作成でき、不揮発ストレージに格納できるという、Premiumよりも容量が大きい上位版という位置づけに見える。

Azure Cache fore RedisのPricing Tierごとの機能比較
https://azure.microsoft.com/pricing/details/cache/

その他、ゾーン冗長性もPreviewではあるが利用できる。

Redisモジュール

Enterpriseで利用可能なモジュールは以下の通り。

モジュール概要
RedisTimeSeriesIoT、株価、遠隔測定などの時系列的なユースケースでRedisを簡単に利用できるようにするためのモジュール
RedisSearchRedisに全文検索エンジンを追加するモジュール
RedisBloom低レイテンシでコンパクトな確率的データ構造のサポートをRedisに付加するモジュール

2020/12/27現在の制限

利用可能なリージョン

Azure Cache for Redis Enterpriseのプレビューは以下のリージョンで利用できるよう。

  • Australia East
  • UK South
  • West Europe
  • Southeast Asia
  • US West
  • US West 2
  • South Central US
  • US East
  • US East 2
  • North Europe

リソースの作成

EnterpriseおよびEnterprise FlashはAzure Marketplaceで提供されているRedis Enterpriseを利用してリソースを作成するが、Azure Portalからリソースを作成する場合、これまでと同様、Azure Cache for Redisの構成画面で可能(つまりわざわざMarketplaceに探しに行く必要がない)。

その他、現時点(2020/12/27)では、以下の制限がある。

Azure CLIやPowerShellでEnterprise/Enterprise Flashのインスタンスの作成はできない。

Premium TierにてRedis 6を選択した場合、Redis Clusterの作成ができない。

Redis 6.0で利用できるようになった機能

Azure Cache for Redisはそれまで4.xベースだったものから6.0ベースに変わったため、以下の機能が使えるようになっている。以下で簡潔にまとまっている。

Redis 6.0 is now in preview for Azure Cache for Redis
https://azure.microsoft.com/updates/redis-60-is-now-in-preview-for-azure-cache-for-redis/

Redis StreamsはQueueのようにもTopicのようにも使えるので、後日試してみる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中