App Serviceの可用性ゾーン対応とApp Service Environment v3

このエントリは2021/09/14現在の情報に基づいています。将来の機能追加や変更に伴い、記載内容との乖離が発生する可能性があります。

ちょっと界隈で話題になっていたので、いろいろとメモを残しておく。

App Serviceの可用性ゾーン (Availability Zone、以下AZ) 対応

これは、以下の発表にある通り。

App Service Support for Availability Zones
https://azure.github.io/AppService/2021/08/25/App-service-support-for-availability-zones.html

当然ながら、AZ利用可能なリージョンでなければAZ対応になり得ないので、現時点(2021/09/14)では西日本リージョンは対象外。

ドキュメントは以下。

パブリック マルチテナント App Service での可用性ゾーンのサポート / Availability Zone support for public multi-tenant App Service
https://docs.microsoft.com/azure/app-service/how-to-zone-redundancy

既に数々の猛者が「試してみたエントリ」を書いてくださっている通り、以下のような注意点がある(いずれも2021/09/14時点の情報)。

新規App Serviceプランでのみ構成・利用可能既存のApp Serviceプランからの移行はできない。
Premium V2 or V3で利用可能例えば、現在App ServiceプランとしてP2V3を使っていたとしても、上記理由により、新規でApp Serviceプランを作成する必要がある。
AZ対応済みのリージョンでApp Serviceプランを作成してもAZ対応できない場合、リソースグループを新規作成して、そのリソースグループ内でApp Serviceプランの作成を試すことを推奨
ARMテンプレートでのみ作成可能2021/09/14現在Azure Portalでウィザード形式のインスタンス作成画面はない
(将来できるようになるはず、知らんけど)
最小デプロイインスタンス数は3リージョンの3個のAZにデプロイされるため。
インスタンス数を3以下に指定したとしても、3に切り上げられてデプロイされる。

作り方は上記ドキュメントにあるので、そちらを参照。

ASE v3

ASE v3 (App Service Environment v3) は2021/7の以下のブログエントリで一般提供が発表されている。

Announcing App Service Environment v3 GA
https://techcommunity.microsoft.com/t5/apps-on-azure/announcing-app-service-environment-v3-ga/ba-p/2517990

ドキュメントもある(2021/09/14現在、日本語版は古いので英語版を見る必要がある。今後日本語版も更新されるはず、知らんけど)。

App Service Environment overview
https://docs.microsoft.com/azure/app-service/environment/overview

そして2021/09/14時点で、ASE v3が東日本リージョンでも利用可能になっている。”App Service Environment”で検索すると出てくる。

Marketplace
App Service Environment v3

注意点は以下。

  • 2021/09/14現在、英語版ドキュメントにも記載の通り、東日本リージョンで利用のみ利用可能(将来的には西日本リージョンにも展開されるはず、知らんけど)。
  • v3でできること、v2でできたがv3でできないことがあるので、機能の違いはチェックしておく必要がある。
  • ASE v2からv3へのアップグレードはできないので、ASEインスタンスの作り替えが必要。
  • 価格も変更されているので、価格の算出ロジックをチェックする必要がある。

機能の違い / Feature differences
https://docs.microsoft.com/azure/app-service/environment/overview#feature-differences
価格 / Pricing
https://docs.microsoft.com/azure/app-service/environment/overview#pricing

v2でできていたことがv3でできなくなっているのがそれなりにある。

機能v2v3
SMTP トラフィックの送信×
FTPデプロイ×
リモート デバッグ×
Network Watcher または NSG フローを使用したトラフィック監視×
IP ベースの TLS/SSL バインドをアプリケーションに構成×

FTPデプロイはふつうのApp Serviceでも推奨されていない。SMTPポートを使った送信は、そもそもAzureではSMTPリレーサービス使うことを推奨しており、直に使うのはこれまた推奨されていないので、もし使っているのであれば、早急に対応することを推奨する。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中