Quality Outreach Heads-up – JDK 18: JEP 421

原文はこちら。
The original article was written by David Delabassee (DevRel – Java Platform Group at Oracle).
https://inside.java/2022/01/31/quality-heads-up/

OpenJDK Quality Groupは、リリースの全体的な品質向上の手段としてOpenJDKビルドを使うFOSSプロジェクトのテストを推進しています。

Quality Outreach
https://wiki.openjdk.java.net/display/quality/Quality+Outreach

このHeads upは、関係するプロジェクトに送られる定期的なコミュニケーションの一部です。

JDK 18 Rampdown Phase 2 & JDK 19 Early-Access Builds
https://mail.openjdk.java.net/pipermail/quality-discuss/2022-January/001077.html

このプログラムの詳細と参加方法については、上記wikiをご覧ください。

JEP 421 – Deprecate Finalization for Removal

finalizationは時代遅れの不安定なリソースクリーニングのメカニズムで、Javaプラットフォームの初期から存在します。finalizationの利用は長期にわたり推奨されておらず、より良い代替手段(すなわち、try-with-resourcesCleaner)の利用が推奨されています。JDK 18では、finalizationの動作は変わりませんが、JEP 421で、finalizationを明示的に無効化するフラグが導入されます。これを使うと、コードベースがまだfinalizationの利用有無を調査できます。さらにJDK 18では、新しいJFR jdk.FinalizerStatisticsイベントも導入されます。

Call to Action

開発者の皆様に対し、コードベースがfinalizationへの依存有無の調査をおすすめします。もし依存している場合には、finalizerをよりよい代替手段(例えばtry-with-resourcesCleaner)への置き換えの検討を始めてください。

詳細は、JEP 421をご覧いただくとともに、このトピックについて語っているInside Java Podcast episodeをお聞きください。質問やフィードバックは core-libs-dev メーリングリストまでお願いします。

JEP 421: Deprecate Finalization for Removal
https://openjdk.java.net/jeps/421
Episode 21 “JEP 421 and Finalization Deprecation”
https://inside.java/2022/01/12/podcast-021/
core-libs-dev — Technical discussion about the development of the core libraries
https://mail.openjdk.java.net/mailman/listinfo/core-libs-dev
core-libs-devメーリングリストのアーカイブ
https://mail.openjdk.java.net/pipermail/core-libs-dev/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中