GraalVM Update Notifications and Native Image Build Reports for Your GitHub Workflows

原文はこちら。
The original article was written by Fabio Niephaus (Researcher on the GraalVM team at Oracle Labs).
https://medium.com/graalvm/native-image-build-reports-and-update-notifications-351aca964a55

GitHub Action for GraalVMはここ数ヶ月でますます人気が出てきて、今ではGitHubの500以上のプロジェクトで使用されています。

GitHub Action for GraalVM
https://github.com/marketplace/actions/github-action-for-graalvm

そのため、MavenやGradle用のビルトインキャッシングなどの新機能を追加し、さらにGraalVMとNative Imageでの作業の生産性を高めると思われる機能を追加する予定です。

Native Image
https://graalvm.org/native-image/

今日は、最近GitHub Action for GraalVMに追加した、2個の新機能をご紹介します。依存関係のバージョンを固定したいと思っている方々のために、新しいGraalVMのリリースとアップデートを通知する新しいjobジョブアノテーションを導入しました。

これらのアップデート通知はデフォルトで有効であり、check-for-updatesオプションを使い無効化できます。

Options : GitHub Action for setting up GraalVM Community Edition (CE) and Enterprise Edition (EE)
https://github.com/graalvm/setup-graalvm#options

もう一つの新機能は、Native Imageビルドレポートのサポートです。このレポートにはGraalVM 22.0で導入されたビルドの出力から既にご存知の詳細がいくつか含まれています。

GraalVM 22.0 is here!
https://medium.com/graalvm/graalvm-22-0-is-here-c7acc82a8c2e
https://logico-jp.io/2022/01/26/graalvm-22-0-is-here/

ビルドジョブのログを検査するのではなく、2個の新しいオプションでビルドレポートを要求できるようになりました。

Options : GitHub Action for setting up GraalVM Community Edition (CE) and Enterprise Edition (EE)
https://github.com/graalvm/setup-graalvm#options

native-image-job-reports オプションを true に設定した場合、GraalVM Native Imageを使うビルドジョブごとのビルドレポートを含むジョブサマリーを出力するようになります。

Supercharging GitHub Actions with Job Summaries
https://github.blog/2022-05-09-supercharging-github-actions-with-job-summaries/

以下はジョブサマリーの例です。

ビルドジョブのジョブサマリーとして出力されたNative Imageビルドレポート (Source)

native-image-pr-reports は同様に動作して同じビルドレポートを出力しますが、各ビルドレポートをプルリクエスト (PR) にコメントとして投稿する点に違いがあります。この機能により、総ファイルサイズ、Native Imageによって実行される静的解析、またはビルドプロセスによって使用されるリソースなどの側面に、個々のPRがどのように影響するかをより理解することができると考えています。新しいビルドレポート機能を導入したプルリクエストに対するコメントの例です。

native-image-pr-reportsによるプルリクエストへのコメントの例 (Source)

そして、気になってらっしゃる方に念のため、総ビルド時間や他の詳細をこれらのレポートにすぐに追加する予定にしています。

というわけで、今日はここまでです。これらのGitHub Action for GraalVMの新機能がお役に立てれば幸いです。そしていつものように、Slack、GitHub、またはTwitterで私たちとフィードバックを共有することをご遠慮なくどうぞ。

GraalVM Slack Invitation
https://graalvm.org/slack-invitation
oracle/graal: GraalVM: Run Programs Faster Anywhere
https://github.com/oracle/graal
Twitter
https://twitter.com/graalvm

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中